アフィリエイトの大まかな流れを一気に解説するよ

カテゴリ:まずはやってみよう

記事の種類:アフィリエイト実践

これからアフィリエイトを始める方のために、この記事では最初の一歩としてアイリエイトを今すぐに始める方法を解説していきたいと思います。
アフィリエイトには色々なノウハウやセオリーがありますが、今はそういった細かなことは後に回して、まずはアフィリエイトを始め、1円でも収益を上げる事を優先させたいと思います。
というのもアフィリエイトはやらなければ収益は絶対に出ないし、やっていればノウハウは自然に身についていくものだからです。
つまり良くも悪くもトライアンドエラーがアフィリエイトの基本となるのです。

アフィリエイトって?

アフィリエイトという言葉を聞いた方は多いと思いますが、実際に始めようと思う方はごく一部ではないでしょうか?
アフィリエイトはものすごく簡単に言えばブログに広告を貼り、それをクリックしてもらい、商品を購入、あるいは契約、会員登録等をしてもらえれば、広告主から成果報酬がもらえるというものです。

新聞の広告などとは異なり、成果が発生しなければ、何百回クリックされようと1円にもならない、それがアフィリエイトです。
一方クリック課金型の広告というのもあり、こちらはクリックされるだけで数円~数百円の報酬が得られますが、ここではアフィリエイトは成果報酬型のものを前提にしたいと思います。

例えば物販系のアフィリエイトの場合、広告を貼って、クリックしてもらって、紹介した商品を購入してもらう、そして売り上げの数パーセントが報酬として得られます。
ハードルは大きく分けて3つあります。1つはページに訪問してもらう事、2つは広告をクリックしてもらう事、3つは商品を購入してもらう事です。
「ちょっと待って、それって確率的に非常に低いんじゃないの?報酬が得られても雀の涙じゃないの?」と思われる方もいるかもしれません。

それは正解でもあり、誤りでもあります。
記事の書き方、商品への誘導の仕方、クロージングで成果は雲泥の差ほど異なるのです。
最初は確かに雀の涙です。
10記事や20記事を頑張って書いても、おそらくしばらくの間は、訪問者は1日0人あるいは数人です。
収入もほぼ0円でしょう。

でも記事が増え、時間が経つとともに自然にアクセス数は増えて聞き、報酬も少しずづ出るようになってきます。
変な風に聞こえるかもしれませんが、この時期を頑張って乗り切った方にだけ、天使は微笑んでくれるのです。
だから自分を信じてまずは記事を書いていくことがとても大切な事になります。

無料ブログを開設

アフィリエイトを始めるためには、ブログ、もしくはホームページが必要です。
すでにお持ちの方はそのサイトを使用すればいいですが、まだブログを持っていない方は、ブログを作りましょう。
ここで重要なのは、無料ブログを開設する場合、必ずアフィリエイトができるブログであることを確認することです。
無料ブログであればお勧めなのは、「はてなブログ」です。

Note将来性を考えるならレンタルサーバーを借りて、独自ドメインを取得して、WordPressでブログを開設することをお勧めしますが、はじめの一歩としては無料ブログでいいと思います。

A8.netに登録

次にアフィリエイトの広告を取得するためには、アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)に登録する必要があります。
もちろん登録は無料です。
無料ブログであれば完全にタダでアフィリエイトを始める事ができるのです。
まずは、最も広告数が多く、人気のある日本を代表するASPであるA8.netに登録しましょう。
ユーザー登録が済んだら、自分のサイト情報も登録します。次に検索フォームから自分が紹介できそうなジャンルの商品を探します。
契約系は初心者には少しハードルが高いため、物販系でもいいと思います。
もしどの商品を選べばいいのか分からないという場合は、普段自分が使用している、こだわっているものでいいと思います。
自分が普段使用している、あるいは使ったことがある商品というのが重要です。知らないものは詳しい評価はできないですし、それは読者にも分かってしまいますから。
できるだけ自信をもって勧められるものを選びましょう。

広告が決まったら提携申請を行います。つまり広告主から広告掲載の承認を得て初めて広告を取得できるようになります。

なお、A8.netの場合は、提携申請をして即承認されるものと、結果が出るまでしばらく時間がかかるものがあるため注意が必要です。

記事を書く

紹介する商品が決まったら、無料ブログに早速記事を書いてみましょう。
記事を書く前に何を書くか、簡単なアジェンダを作っておくと途中で脱線したり迷走しなくて済むためお勧めです。
何を言いたいのか分からないような記事では、得られる成果も得られないですからね。

特に文字数が何文字以上なければならないという事はありませんが、検索エンジンに評価されるには一般的に最低でも1000文字程度は必要と認識しておきましょう。(必ずしも1000文字必要というわけではありません)
1000文字(可能であれば2000文字)程度あれば、確かにある程度まとまった、細部についてもくまなく解説できた記事に仕上がるはずです。
記事を書き終えた後、自分でも納得できるだけの、しっかりと商品の詳細や、実際の使用感、お勧めの点が具体的に書かれている事を確認しましょう。
但し、もうこれ以上書いてしまうと脱線してしまう、冗長になってしまうと感じたらそこでストップです。
脱線した内容は、まだ書かない方がましなのです。解説が脱線してしまうと読者の興味が無くなり、離脱してしまう可能性が高まるためです。

広告を貼る

最後に広告を貼ります。
A8.netから目的の広告のリンクをコピーし、記事にペーストします。
ここで大切なのは広告コードは改変してはいけない点です。ほんのちょっとであっても改変はNGです。

広告の配置は、お勧めは記事のセクションの最後、記事の最後に広告を配置する事です。
特に記事の直後の広告はクリック率(CTR)が高いため重要になります。

広告の種類は、紹介する商品にもよりますが優先的にテキスト形式を使用しましょう。
画像広告はいかにも広告という感じで敬遠されてしまいがちであるからです。
かといってテキスト広告であれば画像広告よりはクリックはされ易いですがクリックされやすい=成果が出やすいかと言えばそうとは言えません。

クリックされても成果に繋がらない場合は、商品の解説、魅力の伝え方が足りていないからです。
広告をクリックさせることがゴールではなくあくまでも購入してもらう事がゴールであるため、いたずらにクリックを誘うような広告の貼り方をしても意味はありません。
しっかりと購入に繋げられるような誘導が必要です。(これをクロージングと言います)

成果レポートを見ながら結果を待つ

最初に言ったように、ブログを開設して数記事を追加した程度ではアクセス数は殆どありません。
ここは試練だと思い、50記事くらいは頑張って記事を増やしていきましょう。そうすれば必ずアクセス数は上がり、その内成果は得られるはずです。
作ったばかりのブログが最初は閑古鳥が鳴いているのはみんな同じです。
最初はアクセス数や成果のことは考えずにひたすら記事を書くことだけを考える事が大切ですよ。

1日に10人など、ある程度アクセスが来るようになれば、A8.netのレポート画面のインプレッション数が増えっていっているはずです。

NoteA8.netの場合、レポートの確認はスマホアプリ版が便利ですよ。

このインプレッションは広告が表示された回数です。あくまでも1つの広告が表示された回数を1としてカウントするため、1つのページに3つの広告を貼っている場合、1PV(ページビュー)で3インプレッションとなります。
インプレッション数=ページビュー数ではないので注意してください。

もし広告がクリックされれば、クリックの欄が増えます。
おおよその目安として100インプレッションあれば、1クリック程度はあるのではないでしょうか。(1ページ1広告の場合)

成果が発生すれば発生件数が増えます。
成果率のことをコンバージョン率(CVR)と言いますが、一般的には50~100クリックあたり1成果と考えてください。
もちろん非常によくできた、訴求力のある記事であればCVRはもっと高くなります。ここはアフィリエイターの腕の見せ所となります。
思いのほか成果率が悪い場合はクロージングに改善の余地がないか、商品への説明が不足していないかを確認してみましょう。

成果がでるまで、3ヶ月、6ヶ月あるいは1年かかるかは紹介する商品やジャンル、記事の質により大きく左右されますが、まずは初成果が上がる日を待ちわびながら、記事を書いていくようにしましょう。
そして成果が出たとき、間違いなくモチベーションは上がるはずですので、アフィリエイトへの意識や意気込みも違ってくるはずです。

たとえ1ヶ月1成果でも成果があると嬉しいものです!そして1成果でも出せれば同じ要領でどんどん記事を追加して行けば、一気には収益は増えませんが、信長の野望の内政のように、月2、5、10成果とやったらやった分だけ着実に伸びていきます。

もしかしたら気がつけば信じられないような収益になっているかもしれませんよ!
頑張った人が報われる、それがアフィリエイトの魅力です。

それでは最初の一歩としてのアフィリエイト実践編はここまでにしたいと思います。
少し駆け足となりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

公開日時: 2019年04月26日  20:21:51

まずはやってみように戻る

このページのトップに戻る